コンプライアンス

クロスキャットは、法令をはじめ企業倫理や社会的なルールを遵守するコンプライアンスを重視し、すべての企業活動を行っています。

コンプライアンス方針

クロスキャットは、『心技の融和』をモットーとして社会に貢献するという企業理念のもと、当社のステークホルダーの信頼、社会の信頼をより強固とするため、役員及び従業員は以下のコンプライアンス方針に基づき行動いたします。

1. 法令及び会社規則の遵守

当社の事業及び遂行する業務に関する法令、定款を遵守します。当コンプライアンス方針をはじめとして、当社が定めた方針、規程、マニュアル、手順、通達等を理解し、これらを遵守し行動します。新規事業を開始しようとする者は、当該事業に係る法令の有無を検証し、関係する法令がある場合には、これを遵守します。自らが所管する業務に関する許認可の取得、届出及び更新等の手続きを確実に実施し、法令に基づく規制等を遵守します。

2. 他社知的財産権の尊重

顧客や他社の著作権、特許権、営業秘密その他の知的財産権を尊重し、許諾を得ずにこれを使用いたしません。

3. インサイダー取引の禁止

業務の遂行において、当社や取引先の株価に影響するような重要情報を知った場合には、その情報が正式に公表されるまでは、それらの会社の株式は売買いたしません。

4. 人権の尊重・非合理的な差別の禁止

出生、国籍、人種、民族、信条、宗教、性別、各種障害、趣味、学歴などに基づく非合理な差別を行いません。また、暴力、威迫による業務の強制、いじめなどによる人権侵害を行いません。また、ハラスメントと誤解される行為は行いません。

5. 反社会的勢力との関係遮断

市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは一切関係を持ちません。

6. 環境の保全

地球環境の保全は企業の責務であると認識し、環境保全に留意した活動を行います。

7. 適正な会計処理・IRの実施

会計処理、IRに関わる者は、故意に事実と異なる不正処理、虚偽報告は行いません。

2013年4月1日
代表取締役社長 井上 貴功