環境マネジメント

クロスキャットは、環境の保全が経営の重要課題であることを認識し、事業活動全てにおいて、環境への影響を考慮し、地球環境保護に貢献することを環境基本理念としています。

環境基本方針

クロスキャットは、総合情報サービス企業という特性から、紙&資源の保護、電力資源の保護に特に注力し、以下の方針に基づき継続的な環境汚染防止に貢献します。

  1. 環境関連法令を遵守し、環境マネジメントシステムの継続的改善及び汚染の予防に努める。
  2. 当社の事業活動のあらゆる段階において、常に環境問題への影響に配慮しつつ、環境保護に努める。
  3. 環境方針を達成するため、年度毎に環境目標を設定し、全役員・従業員をあげて環境マネジメントシステムを推進する。
  4. 内部環境監査を定期的に実施し、必要に応じて改訂を行い、環境マネジメントシステムの維持向上に努める。
  5. 全役員・従業員の環境に対する意識向上を図るため、環境教育を定期的に実施する。
  6. 環境方針は、全役員・従業員に周知する。また、外部に開示する。

2013年4月1日
株式会社 クロスキャット
代表取締役社長 井上 貴功