理念/社名の由来

企業理念

心技の融和

クロスキャットは、知識・技術・創意という知的要素である『技』を高め、
お客様には『心』で対応する。
つまり『心技の融和』をモットーとして社会に貢献します。

経営理念

技術と感性

1. 私たちは、企業理念にある『心』の本意は誠意であり、
時には意欲・忍耐・信念をも包含すると考えます。
従って、どんな困難な局面においても『ハート』を失わないよう努めます。

2. 私たちは、先進的なアプリケーション開発技術と、
多様な運用のノウハウを駆使し、ユーザーへの総合的かつ
プロフェッショナルなサービスの提供に努めます。

3. 私たちは、常に時代を見る眼と、みずみずしい感性を持ち、
世のトレンド、環境にフレキシブルな対応ができるよう努めます。

社名の由来

クロスキャットのロゴマーク

「さまざまな接点から広がる未知の可能性を、先進のシステム開発技術で切り拓く」
という想いを社名に込めています。

Xに込めた意味

X>は、CROSS、つまり以下の「交差」を意味します。

ハードとソフト

社会と会社

テクノロジーとハート

ユーザーとメーカー

これらの交差を示す言葉として、さらには、可能性のある未知数を示す意味を含めてシンボライズしました。

交わる接点の印は調和と融和を意味し、そこにもう一つ印を添えることによって、優しさのある猫の眼と共に、時代を見る眼を併せ持つ企業であることを表現しました。

CATに込めた意味

CAT>は、Computer Application Technologyの略称です。

先進性及び技術、知性を表すために、<X>に連動させ、 シャープでユニークなデザインにしました。コーポレートカラーは、親近感と調和を意味する「グリーン」を基調色とし、知的 でモダンなイメージの「黒」をポイントカラーとして起用しました。