中期経営計画

顧客にとって価値ある
「情報サービス企業」へ

2015年度から推進する中期経営計画「Innovation Fast 2017」は、システム開発を安定拡大事業として顧客との関係を強化しながら、ソリューション拡大や新サービス創出などとともに、子会社とのシナジー拡大で、新たな成長を目指すものです。この実現に向け、5つの重点項目によるバランス経営を進めています。

Innovation Fast 2017ーNextステージに向かってー

Innovation Fast 2017ーNextステージに向かってーの図

成長エンジン

得意分野の推進とともに、積極投資で新サービス・新事業の創出にも取り組みます。また、より一層の成長・拡大を目指し、事業提携やM&Aも推進します。

営業の変革

顧客志向マーケティングにより、潜在ニーズの把握と並行して提案力の強化も図ります。これにより、競争優位性のある最適な提言を行い、お客様との信頼関係強化を進めます。

開発プロセスの変革

ソフトウェア開発プロセスの成熟度を示すCMMIを最高のレベル5まで引き上げ、プロセス管理能力をさらに強化します。また、高付加価値サービスの積極展開も推進します。

人材育成

育成カリキュラムの整備で、高度な専門技術を習得した人材の育成に注力します。また、ダイバーシティを意識し、多様な人材の活用により、お客様満足度の向上に努めます。

経営基盤の強化

利益を最大化する経営を推進するとともに、本社移転やグループ化経営の実践などを契機として当社ブランドの価値向上に努めて、経営基盤の強化を図ります。