帳票処理業務ソリューション
「CC-HyperOCR」「CC-EasyRobo」

AI-OCRによる高い読取精度を実現。
RPAと組み合わせることで帳票処理業務を効率化するソリューションです。

手書き帳票データ化サービス「CC-HyperOCR」は、訂正印や手書き訂正文字を読み込まない等、高い精度を誇るクラウド型のAI-OCRです。
作業自動化サービス「CC-EasyRobo」はデスクトップ型のRPAです。どちらのサービスもサーバ不要のため、短期間での導入が可能です。

※CC-HyperOCR with AI inside はAI inside 株式会社の文字認識AIを活用しております

特長

  • 1読み取り精度96.71%※1
  • 2使いやすい利用者画面※1
  • 3稼働削減率 61.69%※2

※1:CC-HyperOCR

※2:CC-HyperOCRとEasy Roboを組み合わせた場合

読み取り精度 96.71%※3

2,000文字を超えるトライアルの結果、導き出された読み取り精度

AI-OCRによるトライアル結果

  A社 B社 C社 A,B,C社
業種 メーカー 不動産 サービス 総数
帳票内容 申込書(葉書) 申込書(FAX帳票) 現金通帳
主な読取項目 氏名・住所・電話番号 氏名・住所・電話番号 氏名・日時・金融
読取精度
(正解数/
全文字数)
活字 99.72% - 97.04% 96.71%※3
手書 96.13% 94.73% -

※3 2018年8月-9月に上記3社で行ったトライアルの検証結果平均です。(手書き文字を含む20,275文字)

こんな文字でも読み取れました

読み取り例

高い読み取り精度を実現する2つのポイント

歪みの補正

画像の歪み、傾きを自動補正し読み取り箇所を検出

歪みの補正

ディープ
ラーニング

文字判別する特徴量の決定自体も大量の手書きデータと教師データを読み込ませ自動で実施
さらに、ユーザーが読み取った画像の学習も実施

ディープラーニング

※AIが設定した特徴量は人間には理解不能

使いやすい利用者画面

直感的で使いやすいブラウザベースの利用者画面
高度な知識が無くても簡単なマウス操作だけで設定や入力が可能

帳票定義が簡単

①「読取範囲の指定」をクリック >  ②ドラックで範囲を指定  >  ③CSVのヘッダー名を入力

帳票定義が簡単

読み取りデータの確認・修正も簡単

原稿と読み取り結果を項目別に並べて表示。確認・修正が効率的に行えます。

読み取りデータの確認・修正も簡単

稼働削減率 61.69%※4

CC-EasyRoboと組み合わせ、読取~システム投入にかかる帳票1枚当たりの処理時間を削減

多くの帳票処理を自動化することで、高い稼働削減効果が期待できます

AI-OCRおよびRPAによるトライアル結果

  A社 B社 C社
業種 メーカー 不動産 サービス 3社の1枚あたり
削減率の単純平均
帳票内容 申込書(葉書) 申込書(FAX帳票) 現金通帳
主な読取項目 氏名・住所・電話番号 氏名・住所・電話番号 氏名・日時・金融
稼働時間
(読取~
システム投入)
トライアル前 3分/枚 1分34秒/枚 54分42秒/枚 61.69%※4
トライアル後 1分36秒/枚 42秒/枚 9分15秒/枚
削減率 46.67% 55.32% 83.08%

※4 稼働削減率は、2018年8月-9月に上記3社で行ったトライアルの検証結果に基づきます。(対象帳票数3,900枚)
トライアル前(2018年7月)とトライアル時読取からシステム投入にかかる帳票1枚あたり処理時間の削減率を3社で単純平均した結果です。

CC-Hyper OCR + CC-EasyRobo ご利用イメージ

CC-Hyper OCR + CC-EasyRobo ご利用イメージ

ソリューションに関する
お問い合わせ