設備保全AR
「CC-Factrevo/AR」

現場のニーズに応える機能と直感的なインターフェースで、
効率的な設備保全運用を実現するARソリューションです。

スマートデバイスのカメラを製造現場のARマーカーにかざすことで、設備保全作業を効率化。作業担当者が必要とする情報をメンテナンス対象物の画像に重ね合わせて表示するほか、現場にいながら簡単な操作で、情報を追加することができます。

特長

  • 1設備保全
    “見える化”
  • 2ヒューマンエラー
    防止
  • 3直感的
    インターフェース
  • 4低コスト・短期間
    で導入可能

機能

設備認証機能 ARマーカーによる設備認証機能を設け、メンテナンス対象機器の誤りを防止
操作説明ARガイド表示 機器保全作業支援を目的とした直感的かつ正確な操作説明を表示
緊急対応(オンライン限定) チョコ停などの緊急時の対応としてエラーコード指定による障害復旧操作ガイドの切り換えが可能
リアルタイム進捗表示 管理画面より作業中、中断、完了のステータスを一覧で確認
オフライン対応 あらかじめオフライン準備をすることで、オフライン下でも設備保全作業が可能。また作業実績を端末内に保存することで、オンライン環境でのアップロードが可能
クロスプラットフォーム Android、iPhone、Windows 3種類のクライアントOSに対応
テンプレート化 テンプレートを使用することで導入コスト低減と期間の短縮を実現。業務運用に適したカスタマイズも可能

動作環境

サーバ(AR 実行サーバ)

ハードウェア CPU:3.0GHz 2CPU4Core以上
MEM:4GB以上
OS Windows Server 2012
Windows Server 2008 R2
ミドルウェア Interstage AR Procesung Server

管理端末(AR管理環境)

ハードウェア CPU:1.0GHz以上
MEM:2GB以上
OS Windows Server 7/8/8.1
OS X
ミドルウェア 各種ブラウザ

現場端末(無線アクセスポイント、AR実行クライアント)

ハードウェア CPU: Core i5 2Core 1.8GHz相当(Windows の場合)
MEM:4GB以上
OS Android 4.0/4.2/4.3/4.4
iOS 6
Windows 8.1
ミドルウェア AR実行クライアント

システム構成

システム構成の図

ソリューションに関する
お問い合わせ