中期経営計画

基本方針

2021年度から推進する中期経営計画「Impress with customers 2023」では、顧客課題を解決する提案活動により顧客満足度と従業員満足度を高め“共に感動を創出”し“社会課題解決型ビジネスに取り組むIT企業グループ”を目指してまいります。

Impress with customers2023 お客様と共に感動を!

基本方針策定における背景

クロスキャットは、顧客だけでなく社会からも求められるIT企業グループを目指し、社会課題の解決と経済成長を両立する社会「Society5.0」の実現に向けて事業を展開しています。

Society5.0が拓く社会

基本戦略

新中期経営計画では、成長継続のために「コア事業の拡大」、「先端技術の活用」、「新規領域への取り組み」、「グループ経営基盤の強化」の4つの基本戦略を策定しました。

基本戦略

①コア事業の拡大

顧客分析による選択と集中を行い、既存顧客へ戦略的かつ実践的な提案活動により機会損失を防ぎ、強固な信頼関係を構築し、安定的な売上成長を実現します。

②先端技術の活用

IT関連市場の構造変化に対応した人材の採用、育成によるスキル転換を進めるとともに、アライアンスや中途採用の拡充など社外からの調達を強化し、先端技術の活用により持続的な事業成長を促進します。

③新規領域への取り組み

急激な社会・経済環境の変化、DXニーズの高まりに対し、当社グループの強み、蓄積した業務ノウハウ、技術スキルを融合し、DX化の推進を通じて新規領域開拓を促進し、新たな収益事業を創造します。

④グループ経営基盤の強化

個人、部門、グループの強みを明確化し、グループ間連携による資源最適化やコスト構造を改革し、ブランド力向上にも取り組みながら連結経営に基づく競争力・基盤強化を図ります。

基本戦略を推進する5つの施策

これまでの中期経営計画で掲げた“バランス経営の実践”を継承し、「成長エンジン」、「営業の変革」、「開発プロセスの変革」、「人材育成」、「経営基盤の強化」の5つの重点施策を軸に基本戦略を推進します。

Impress with customers 2023

事業成長シナリオ

① 既存顧客に対する積極提案を通じた関係強化により、安定重要顧客を拡充
② IT関連市場の構造変化への動きを追い風とすべく、先端技術を活かしたビジネスによる成長ドライバーを創出
③ 当社の強みと先端技術を融合し、DX化推進を通じて新規領域への取り組みを推進
④ グループ経営基盤の強化によるシナジーを創出

事業成長シナリオ